◆腕立て日記◆

千日の稽古を鍛とし、万日の稽古を錬とする。

体力維持か、単なる意地か、長年続けている腕立て伏せ。
ややもすると怠け気味になってくる今日この頃。
自分自身への叱咤も含め、ここに記す。

|めっせ〜じ| 

/19:ニッポン初戦 /18:用心が肝心 /17:1年分が当たる /16:タイミングが問題だ /15:持ち越しである /14:やらなきゃ良かった /13:奇抜なランチ /12:思わぬ依頼 /11:先週末を確認する /10:3週間振りのロビの組立 /9:集いの日 /8:イライラしてはいけない /7:その前にこれだろう /6:それぞれのハードル /5:疑問に思う必要はない /4:想い出の舞台の地 /3:旨いモノに出会す /2:現像代が分からない /1:それはそれで寂しい/

<2018年 6月>

     ◆腕立伏◆スクワ◆背筋◆腹筋

19(火) 

〔ニッポン初戦〕

▼梅雨の中休み。
非常に暑い一日だった。
そして、一日が無事終わる。
帰りの道路は心なしかいつもよりも空いている様な気がするし、どのクルマも急いている様に見える。
実はオレも急いている。
これからW杯の日本初戦があるのだから当然だろう。
帰宅するや否や風呂に入って準備万端。
相手はコロンビア。
まったく勝てる気がしないが、やって見なけりゃ分からない。
前半終わって1対1。
ニッポンまさかの善戦と言えるだろう。
さあ、試合終了後は、ふて寝となるのだろうか、それとも安眠となるのだろうか。
そんな思いを抱きつつ、後半開始。
後半に入るとなかなかニッポンの動きがいい。
本田が出て来たときにはちょっとイヤな予感がしたが、その本田がコーナーキックでいい仕事をしてくれた。
絶妙なコースを大迫がヘディングシュートを決め歓喜のゴール。
そして、このまま逃げ切り、日本の勝利。
まったくもってうれしい大番狂わせだ。
これで今夜は興奮状態で安眠できる。

6420th


18(月) 150 100

〔用心が肝心〕

▼週明けの朝、仕事場でたまたま、そろそろ東海地方の地震が心配だ、などと言う話をしていたら、大阪で大きな地震があった。
震度6はかなりの揺れだったに違いない。
被害も出ているようだ。
実は、いつ入力したかはまったく覚えていないのだが、パソコンのスケジュールに今月の21日、「東海地震に注意」と記してある。
もしかしたら、名古屋に居る頃、何かの情報を見て気になり入力したのだと思うが、今週になってそれが目に入ったのである。
こんなときにまさか大阪に地震が来るとは思わなかったが、東海地方も用心するに越したことはないだろう。
このところ、その方面の地震はあまり聞いていないからだ。
なにしろまず揺れを感じたら、周囲に倒れそうなものがあったらすぐにそこから移動すること。もし寝ていたら、すぐに飛び起き頭を保護することだ。
とにかく、用心しつつも何事もないことを祈りたい。

6419th


17(日) 腹筋ローラー20

〔1年分が当たる〕

▼毎日の様に飲んでいるものに特茶がある。
最近この特茶にシールが貼ってあって、そこには「特茶1年分が当たる」と言う素晴らしいことが書いてあるではないか。
さらに、「特茶Quoカード552円分が必ずもらえる」とある。
だったら集めて応募するしかないだろう。
40ポイント応募とあるので、このシールを40枚集めて応募すればいいはずだ。
きっとあっと言う間に集まるに違いない。それだけ飲んでいるのだ。
そう思い、せっせとシールを集めていたのだが、念のため特茶のホームページを確認してみた。
するとどうだ。ポイントはシールではなく、ラベルに付いてるじゃないか。
はがしてポイするあれだ。
なんて分かりにくいところに付いてるんだよ、ポイント。
これまでにどれだけ捨てたと思ってるんだ。
なにしろ、シールをペタペタと壁に貼って集めていたオレが不憫でならないのである。

▼いつもの町田街道沿いの寿司屋で昼と思って行ってみたら、なんともの凄い混雑ではないか。
こんなに混んでることは今までなかったのではないか。
旨い割に空いているのがお気に入りだったのに、なんてことだ。
もしかしたらオレに断りもなくテレビか何かで紹介されたのかも知れない。
ともあれ空腹状態が限界だったので、今日のところはあっさりと諦め、町田街道沿いをさらに行ったところにあった、ちょっと洒落たパスタ屋に入った。
そこで食べたのは、ウニとイクラのクリームスパ。
寿司よりもよほど高く付いてしまった。
洒落た店だから仕方ないのである。

6418th


16(土) 

〔タイミングが問題だ〕

▼休日だが、出勤しているF氏から何度も問い合わせの電話が入る。
土曜日はあまり面倒なことはやらないでもらいたいものだ。

▼空はどんよりしていたが、結局雨は降らなかった。
帰宅するや否や、ここぞとばかり愛車を洗車。
1週間前に雨のため掛けられなかったシートカバーを掛けてやった。
これで冷たい思いをさせないで済む。

▼前回切ってからもうすぐ3ヶ月。髪の毛はすっかり伸びてしまったが、床屋へ行くタイミングに思案する。
ポイントは11月始めに予定されているハワイへの社員旅行だ。
それがどうしたと言うかも知れないが、敢えて言わせてもらうならば、すっきりした頭で行きたいじゃないか。
計算によれば、旅行まで5ヶ月弱。
したがって、今床屋に行き、3ヶ月後にまた床屋へ行くのは最悪のタイミングなのではないかと言うことだ。
このタイミングだと、髪を切ってから2ヶ月半で旅行へ行くことになり、となれば、頭はボーボー状態だろう。
これは困ったことになったぞ、とあれこれ思案したが、オレははたと気付いた。
どうしてオレは、床屋の期間を3ヶ月にこだわっているんだ。
2ヶ月でも2ヶ月半でもいいじゃないか。
これにて万事解決した。

6417th


15(金) 150 100

〔持ち越しである〕

▼ドローンの映像信号が出ない不具合は今日も続く。
ついにサポートセンターに電話。
結局、これで解決には至らなかったが、ヒントにはなった。
送信機側はファームウエアー以外にもシステムのアップデートがあったこと。
機体に入っているSDカードがいつの間にかいっぱいだったこと。
「SDカードがいっぱいです」と言う声がいきなり出たので判明したが、今までこんなこと言うの聞いたことなかったぞ。
もしかしたら、アップデートで進化したのかも知れない。
システムのアップデートが終わり、送信機の隠しコマンド的3つのボタンを押してから、機体のシャーペンでリンクボタンを突っつき完了。
映像が出たときの嬉しさと言ったらなかったな。
さあ、これで飛ばせるぞ、と張り切って外に出たら雨が降っていた。
復帰飛行は来週に持ち越しだ。

▼昨日開幕したサッカーW杯。
日本の初戦までまだ少し間があるが、昨日のロシア戦を見たら、とても日本が勝てるとは思えない。
明らかにレベルが違い過ぎる。
それでも、応援するしかないだろう。
奇跡が奇跡を呼ぶかも知れないのだ。

6416th


14(木) 腹筋ローラー20

〔やらなきゃ良かった〕

▼本日、愛機ドローンのPhantom4をアップデートした。
初めてである。
ところがこれが間違いの元だった。
アップデートしたら、機体と送信機が繋がらなくなったのだ。
詳しく言えば、機体のカメラからの映像が送信機のモニターに映らなくなったのである。
これは困った。
あれこれやったがどうしようもないので、初期設定に戻してみた。
しかし、一向に事態は収拾しない。
こんなことなら、アップデートしなきゃ良かったな。
そう言ったところで今更仕方ないし、新しいものを求めるのは人間のサガと言えるのではないか。
オレが持ってるモノは古いモノばかりだけど。
取りあえず今日のところは諦めよう。
そう思いつつ、仕事場を後にした。
きっと明日はなんとかなるに違いない。
いつもの様に楽天的希望的観測でオレは言う。

6415th


13(水) 腹筋ローラー20

〔奇抜なランチ〕

▼いつも昼は皆で近くのスーパーへ行き、弁当など買って食べている。
品揃えが豊富とは言え、こう毎日だと次第にパターンが決まってくるのは致し方あるまい。
今日のF氏が食べているものはと言えば、カップラーメンと、こともあろうにスパゲッティってことはないじゃないか。
「なかなか奇抜な組み合わせですね」と言うと、F氏はこう言った。
「あっ」

▼梅雨とは思えないほど、非常に晴天。
しかも暑い。
じめじめした雨よりはいいか。
このところの寒暖差のせいか、少々風邪気味。
このまま悪化させずに治すことをここに誓う。

6414th


12(火) 腹筋ローラー20

〔思わぬ依頼〕

▼仕事場で週に2回ほど気まぐれに飛ばしているドローンだが、隣接する中学校の校長先生に知れることとなり、こんなことになってしまったのだ。
「撮ってもらえませんか?」
別に校長先生を撮って欲しいわけではなさそうだ。
生徒の集合写真を撮って欲しいと言うのである。
夏休み前の終業式が終わった後に校庭に全生徒を集め、上空からドローンで写真を撮るのである。
3年B組金八先生かよ。
気楽に、いいですよ、と引き受けたら、もの凄く喜んでくれたものの、これは何だか責任重大なことになってきたぞ。

6413th


11(月) 

〔先週末を確認する〕

▼先週末執り行われた「F氏が愉快な仲間達の集い」その解散のあと、チョウ君はぎりぎり終電に間に合ったと言う。
タクシーで帰ろうものなら、奥さんに「帰って来なくていい」と言われたらしい。
いっぽう新入社員Yは見事に終電がなくなってしまい、新宿から品川まで歩いて帰ったと言う。
マップを見ようにもすでにスマホの電池は切れ、道に迷いながら2時間半。
雨にも降られ、くたくたになって帰ったらしい。
そして、その時なくしたと言うF氏のメガネは、絶対にスナックにあることは分かっている。
バースデーケーキを前にして満面の笑みで写るF氏の写真には、しっかりとメガネが映っているのだ。
夕方、その店からメガネがあったと連絡があった。
どうやら、ソファーの隙間に挟まっていたらしい。
だがしかし、レンズが片方取れているそうだ。
それくらい我慢である。
「あ〜あ、イベントが終わると励みがなくなっちゃうなあ」と寂しそうに語るF氏だが、すぐに次のイベントを画策するに決まっている。

▼今日は一日雨だった。
明日は、31度だそうだ。
いざ、覚悟、である。

6412th


10(日) 150 100

〔3週間振りのロビの組立〕

▼起きたら10時半だった。
実に日曜らしいと言えよう。
外は予報通りの雨。
雨の日にライスシャワー号を走らせるのは久し振りのことではないか。
帰ってきて雨が降っているとボディカバーを掛けられないが、数ヶ月前にボディカバーを買ってからと言うもの、掛けないことがなかったからだ。
ライスには申し訳ないが、今日は久しぶりにボディカバーなしで雨に打たれてもらわねばならない。
たまにはさっぱりしていいだろう。

▼アピタへ行き、最近開店した「いきなりステーキ」を食べた。
ヒレが1g9円。
目の前で切った肉を計りに載せ確認するのである。
いきなりと言う割には、それほど出てくる時間は早くなかった。
ともあれ、これからきっとどんどん増えるんだろうな、この店。

▼ステーキを食べ店を出ると、ちょうどインストアライブが始まるところだった。
席も空いていたので聴くことにした。
シンガーソングライターの晴美さんのライブだった。
千葉テレビで番組をやっているらしいが、ここじゃ映らないしな。
テレビ神奈川は映るので、そこでやっている毎週日曜夜9時の「水曜どうでしょう」を楽しみにしているのです。

▼週刊ロビ、50号と51号が届いた。
実に3週間振りだ。
さっそく組み立て作業に入る。
50号で、Q-boにコードリーダー装置を取り付け、そして完成。
スイッチを入れたらいきなりすっとんきょうな声で喋り出すQ-boなのだった。
51号は、ロビの頭内にこれから様々なパーツを入れる前段階として、いったん頭をばらす作業だ。
外したマフラーにネックフレームなるものを取り付け今号の作業は終了。
頭がバラバラのままだと可哀想なので再び組み立て、一安心したのだった。

6411th


 9(土) 

〔集いの日〕

▼久しぶりの休日出勤。
朝から暑いことこの上ない。
F氏は休み。
誕生日なのである。
そんなわけで、夜は新宿で「F氏が愉快な仲間達」の集いなのだった。
メンバーは計9名。
福島出張中のOもこのために戻って来るはずだったが来られなくなった。
新入社員のYやチョウ君は今回が初参加である。
居酒屋に集合。
それにしても、新入社員Yの来るのが遅い。
5分ほど遅刻して来た。
どうしたんだ、と聞くと、F氏が常日頃から食べたいと言っている白い恋人を発見したのでこれはと思い30分並び、やっと自分の番が来たと思ったら、そこは免税店だったと言う。
いきなりそんなボケをかましながら、それ以上のF氏のボケのオンパレードの洗礼を受け、2次会のカラオケスナックでは、チョウ君が流暢な中国語で明らかな音程外れの歌を歌い、新入社員Yに至っては、となりのトトロと言う、あまりこんなところでは耳にしない歌を歌う始末で、いつもの様に大いに盛り上がった。
店を出るとき、F氏が今日も、メガネがない、と騒いでいるが誰も気にしていない。
果たして、チョウ君は家に帰ることができたのだろうか。
そんなことを少々気にしながらも楽しい気分で家路に着いたのだった。

6410th


 8(金) 腹筋ローラー20

〔イライラしてはいけない〕

▼今日も暑い一日だった。
さすがにオレも少々夏バテ気味である。
台風も近付いているので湿気が凄いのだ。

▼帰りの道中、前を走るクルマの運転手が信号待ちのたびに後ろの座席から何かを探している。
そんなだから信号が変わってもなかなか発進しない。
当然、こっちはイライラする。
交通量が多いので、なかなか抜かすこともできない。
そんな中、ふと、こんなことを思い出した。
あれはまだオレが新入社員の頃だ。
運転中のクルマの後ろの座席に掃除機が置いてあった。
それが、ゴロゴロしていて何とも落ち着かなかった。
たまらずオレは信号待ちの時に、そのゴロゴロを正そうと後ろを振り向き、掃除機に手を伸ばした。
しかし、なかなか手が届かない。
そうこうしているうちに信号が変わり、そして発進。
そしてまた赤信号になり、再び後ろを振り向いて掃除機に手を伸ばした。
やっと、手が届いてホッとした瞬間、何か妙な振動が身体に伝わったのである。
振り向くと、前方のクルマが異様に接近している。
良く見ると、なんとオレのクルマが前のクルマにくっついちゃってるじゃないか。
簡単に言えば、オカマを掘ったということである。
この時以来、オレはすっかり懲りて、後ろの座席に掃除機を積んだことはない。
そっちなのか。
重要なこと、それは、クルマの運転中は冷静かつ集中することなのである。

6409th


 7(木) 腹筋ローラー20

〔その前にこれだろう〕

▼涼しかった昨日に比べて今日のこの暑さはなんだ。
この気温差に身体が付いていかないのです。
とにかく、夏バテ注意である。

▼チョウ君が生命保険に入ると言っている。
どうした風の吹き回しなんだ。
やっぱり家を建てると違うな。
今度、職場に保険屋を呼んでいいあるか、と言うので、別に構わないけど、どんな保険に入るんだ、と聞くと、こう答えた。
「千円の保険です」
まさか、1日千円じゃないだろうな、と言ったら月千円なのだと言う。
そんな安い保険に、わざわざこんなところまで来るなんて、罠に決まってるじゃないか。
それよりも何よりもオレが言いたいのは、その前に車両保険なのではないか、と言うことである。

6408th


 6(水) 

〔それぞれのハードル〕

▼F氏が大騒ぎしている。
「オレの老眼鏡がない」と言っているようだが、パソコンの横でマウスのコードやら電源コードの中にあるのはまさにその老眼鏡である。
それはまるで間違い探しの如く、コードの中に同化してしまっているのだ。
それでもちょっと見ればすぐにわかるのだが、どうやらF氏にはハードルが高かったようだ。
以前、メガネを頭に掛けているのを忘れて、一生懸命探していたくらいだからな。

▼午前中、小雨だった雨は午後本降りとなった。
いよいよ梅雨入りである。
雨は嫌いだが、降らなきゃ降らないで雨不足になるしな。
今頃北海道は一番良い季節なはずだ。
こっちが梅雨の北海道のこの時期、雨は少ないしラベンダーも咲く頃なのだ。
と言っても、6月に帰省したことはない。

6407th


 5(火) 150 100

〔疑問に思う必要はない〕

▼今日もめっぽう暑い一日だった。
訪問者が多く、その相手をしていたらろくにやろうと思っていた仕事ができなかった。
そんなことも想定しておかなくてはいけない。
そんな余裕があったら苦労はしないわけだけれど。

▼F氏が一生懸命店の予約をしている。
週末の「F氏が愉快な仲間たちの会」であり、ようやく店が決まってホッとしたF氏は、ふと思い出した様にこう言った。
「なんで、その日が誕生日のオレが店の段取りをするんだ?」
疑問に思う必要はないだろう。
それはこう言うことだからだ。
いつなん時もF氏が主催者、かいつまんで言えば、言い出しっぺだからである。
今回のメンバーは、計10名。
そうとう賑やかな集いとなりそうである。

6406th


 4(月) 腹筋ローラー20

〔想い出の舞台の地〕

▼業者のM氏と一緒に打合せのためクルマで走っていると、まるで森の様な公園の横を通った。
石神井公園である。
M氏はこんなことを言った。
「ここが、ど根性ガエルの舞台ですよ」
そうか、そうだったのか。
ど根性ガエルと言えば、子どもの頃、いやと言うほど毎度楽しみにして見ていたものである。
放送は夕方17時半から、再放送だったので毎日やっていた記憶がある。
こんなオレでも楽しく見ることができたのは、何も考えずにボケーッと見ることができたからである。
お子様にはあまりお勧めできない。
そんな想い出のアニメの舞台の地にまさかこんな歳になって来ることができるとはな。
今度、ゆっくりとその地を踏んでみたいと思うが、くれぐれもカエルは踏まない様にしなくちゃな。

▼なにしろ今日は暑かった。
チョウ君はすでに夏バテ気味だ。
ややもすれば今週中にも梅雨入りになるかも知れないと言う。
どうやら鬱陶しい季節がやってきた様である。

6405th


 3(日) 腹筋ローラー20

〔旨いモノに出会す〕

▼イオンモール座間へ行ったら思い掛けず美味しいモノに出会した。
十勝名物豚丼である。
まさかこんなところで食べられるとはな。
久しぶりに旨い豚丼を食べたと言う感動でいっぱいなのだった。
豚丼を食べたいと思ったらここに来ようと思った次第である。

▼帰りぎわ、イオンの駐車場で競馬を見た。
安田記念である。
結果は、1着2着が波乱となった。
馬券の方は辛くも3連複が的中も3着に1番人気が入ったことでそれほどの配当とはならず、儲けはほんのちょっとだった。
それでも当たったことの意義は大きい。
そう思い込むことにしている。
いよいよ上半期のG1も残すところ宝塚記念だけとなった。
それが終われば落ち着いた週末となることだろう。

6404th


 2(土) 

〔現像代が分からない〕

▼取りあえず、フィルムカメラのオリンパスペンを持って外に出たが、愛車の写真を数枚撮っただけでその先が進まない。
デジカメの様にパシャパシャ撮るわけにはいかないのである。
良く考えたらこのカメラ、ハーフなので36枚撮りのフィルムで72枚も撮れてしまうのだった。
なかなか撮り甲斐のある枚数である。
これじゃいつになったら現像に出せるかわかったもんじゃないな。
そもそも現在、プリント代っていくらぐらいするものなのだろう。
考えてみたら、フィルムスキャナーがなければデータにすることもできないのではないか。
確か昔、写真をCDにしてくれるサービスがあったが、いまもそれはあるのだろうか。
現在のフィルム事情に関しては分からないことだらけなのだった。

▼数ヶ月前に購入した愛車用のボディカバーは今もちゃんと使っている。
このお陰で洗車する回数はグッと減った。
そんな面倒なこと、と思われるかも知れないが、今ではものの3〜4分で着脱、装着が出来る様になった。
それもこれも、愛車に長生きしてもらうためである。

6403th


 1(金) 

〔それはそれで寂しい〕

▼ヒナの巣立ちと共に引っ越ししたのだろうか。
カラスの姿が見えない。
いつもなら攻撃の的であるドローンを飛ばしてもまったく寄ってくる気配がないのだ。
静かだ、まったくもって平和である。
それはそれで何だか寂しいから不思議だ。

▼非常に暑い一日。
一気にばてる。
帰宅して走ろうと思ったが、まったくそんな気が失せるほど疲れてしまった。
今日は早めに寝て、明日元気に走ろうと思う。
気が付けば、6月なのだった。

6402th




byクムラ〜




昨日 今日


|Home|